アフィリエイトで稼ぐ方法

副業・副収入


[br num=”1″]


[br num=”1″]
アフィリエイトとは、あなたがブログやサイトである商品やサービスの紹介をして、そこから誰がその商品やサービスを購入した場合に、あなたにお礼として報酬が発生するというビジネスモデルをいいます。

ある商品やサービスの提供者は、個人であったり会社であったりします。
どちらかと言うと、仕掛けづくりというイメージが強いものです。

通常の在宅ワークは、労働の対価として、あるいは成果物としてお金を稼ぎます。
たとえば翻訳だと・・・500字でいくらとか、1,000字で(または700語句で)いくら、というような取り決めで成果物を仕上げていきます。
イラストやデザインだと・・・○○ピクセルでいくらとか、A4版サイズ大でいくら、というような感じです。

ライター(記事作成)だと・・・500字の記事○○でいくらとか、1000文字の記事×○個でいくら、というような感じで報酬を手にするわけです。
作業をした分だけ報酬が入るという形です。

もし、作業をしなかったり、風邪などの体調不良でできなかったりすると、当然、お金にはなりません。

これだといつまでたっても時間と労働の切り売りです。縁起の悪い話で申し訳ないのですが、仮に事故に遭って作業・仕事ができなくなったら収入はストップです。残念ですけど、資産ではないですね。まさに身を削って(切り売りして)お金を稼いでいるのです。

これが、ダウンロードできる音楽や動画だったらどうでしょうか。
一回商品としての音楽や動画や作成したら、それが売れ続けてくれたら、何もしなくてもお金が入り続けます。

現実の世界でも、駐車場ビジネスだと自分は何もしなくても利用者がいればお金が入り続けます。
賃貸アパートや賃貸マンションなども同じです。資産です。

さあ、もう一度ダウンロードできる商品について思い出してください。
売れさえすれば、自分はなにもしなくても収入が発生するビジネスです。まさに、資産です。

アフィリエイトとは、ネット上にこういった資産を構築することで、何もしなくても収入が入ってくる、半自動的なビジネスモデルのことです。

もちろんいめんなやり方があります。
広告を使ったり、メルマガを使ったり、SNSを活用したり・・・でも、自分が寝ていても、出かけていても、場合よっては国内にいなくても、副収入が発生する可能性の高いビジネスモデルなのです。

ですから、先ほど「ある意味、仕掛けづくり」と言ったのです。

在宅で作業することで、成果物がすぐにお金に化けるということはないかも知れません。でも、コツコツとして取り組みで「資産」を構築できたら、後が楽しみです。将来が楽しみです。

いかがでしょうか。
そんな観点から在宅ワークを考えてみるのもいいかも知れません。