【シングルマザーへの応援メッセージ】人はいつから心が汚れるのだろうか?【02/23】

メッセージ

秋田です。

人はいつから心が汚れるものでしょうか。

2歳?
3歳?
・・・

15歳?
・・・
20歳?
・・・

ひょっとしたら・・・3歳~5歳がギリギリかも知れません。
「三つ子の魂百まで」というのは知恵がつき始める頃の話でしょうから。

心は磨き続けないといけない、ということを言う人もいます。
なぜなら・・・

磨き続けないと「曇る」から!

らしいです。

確かに・・・窓ガラスも汚れると曇ります。
曇りガラスになると、ほんと「ぼんやり」としか見えません。

もし生まれたままの純粋な心をそのまま持って、成長できたら・・・
凄いでしょうね。

みんながそんな成長をとげたら・・・素晴らしい世界になることは間違いありません。

汚れる原因は?

心が汚れる原因イメージ画像

嫉妬、ねたみ、うらやみ、ひがみ、そねみ、欲望、自分さえ良ければの「我」・・・

うわさ話、ネガティブな情報、無用な競争心(いい意味での競争心・ライバル関係といったものとは別な競争心)、自己嫌悪・・・

輝きどころではありません。

完全にチリやホコリが付着して「ゴミ・垢(あか)」のように固まっているかも知れません。

戻るしかない、思い出すしかない!

いつに?

あの頃に・あの時に、です。

そもそも、みんな心は・・・
本来は・・・

美しいものだったはずです。
輝いていたのです。

歳をとってしまいました。
長年生きてきたことの証(あかし)かも知れませんが。

もう一度・・・
3歳児に戻って、5歳の頃を思い出して

心を輝かせてみませんか?

違った人生を作りだすことができるかも知れません。

遠足気分イメージ画像
心が輝けば・・・自分の身の回りの世界が変わりますし、当然に未来も変わってきます。
もちろん、昨日と今日までと違う自分になれそうです。

具体的には?
どうするの?

毎日を「遠足前夜気分」で生きることです。

 

ここまで本当にありがとうございました。

 

スポンサードリンク