幸せのための『賢者の石』は満足すること!?・・・シングルマザーへのメッセージ【305】

メッセージ

吾唯足知イメージ画像

現実に生きる私たちとしては・・・時に、
あこがれや妄想に近い形で『違う世界』のコトに意識を向けたりもします。

現実逃避という意味ではありませんが、『○○だったらいいのになぁ』という感情が芽生えることです。
あなたは、ありませんか?

毎日、日々『現実世界』にちゃんと向き合えていますか?

現実世界は厳しいものです。
だからこそ真剣に生きていくべきものなのかも知れません。

この世界は絵本のようなもの、絵は楽しむけど、原文を一行一行読む人はいない!?

この言葉は、ノーベル文学賞を受賞した人の言葉らしいです。

うーん、含蓄が凄いです。
みんな、現実の厳しいところには目を向けようとしないもので、
浮世の世界に浸っていたいというのが(誰しもの)本音なのかも知れません。

または無意識にそれを選択するのが『人』なのかも知れません。

ということは・・・

そういった人とは、違った思考・違った行動をすれば、『ありふれた人生』とは
『違う人生』を創造できる、ということになりませんか?

人生の味わいのために『苦労』をしなさい、というわけではありません。

[br num=”1″]

登場人物A運営 秋田秀一

でも、苦労があった方が(反動としての)喜びが大きいということもあります。
そして、苦労の価値をわかっている人は、浮世的な人生を求めたりはしないものでもあります。

人生の『本質』というか、『味わい』のためには、『苦労』も必要かも知れません。

[br num=”1″]

スポンサードリンク



あなたにとってのマスター(師)と、コメンテーター(批評家)は違う!

世のなかには批評家と呼ばれる人たちが存在します。
テレビ・雑誌の中はもちろんのこと、私たちの身近にも、それこそ友だちの中にも
見当たりませんか?

いっけん、あなたの悩みや困っている点について親切に? アドバイスや助言をしてくれる
ような人の中にも、そういった人はいませんか?

あなたに親身になって相談に乗ってくれる人の中にも、その人の助言が本当に役立つか、
というよりも、あなたにとって『適切なのか』という点が疑問点がつくアドバイスもある
のではありませんか?

まあ、あなたの悩みや愚痴を聞いてくれるだけで『いい』『スッキリする』というので
あれば問題ないかも知れませんが。

実際には、助言をくれる人が『いうコト』と『やるコト』には格段の違いがあるからです。

現実にその人が、『そうするのか』『そうすることができるのか』というのは別問題です。
たとえが悪いかも知れませんが・・・

世の中のコンサルタントが『責任をとらない』というのは、ある意味いっしょかも知れません。
最終的に責任をとるのは経営者です。

その会社の人間です。
社外からアドバイスする人間は、責任をとりません。

皮肉なものです。
(逆に、だからこそ『成果報酬』という仕組みが存在するのかも知れません)

素晴らしい名言を教えてもらいました。

世の中には「私のいうとおりにしなさい」という人はたくさんいます。

しかし、「私のするようにしなさい」と言える人はほとんどいません。
[br num=”1″]

【出典:ハワード・W・ハンター(某キリスト教の歴代大管長)】

[br num=”1″]

登場人物A運営 秋田秀一
ということは・・・
あなたに何も言わなくても、あなたに『背中』で『生きざま』で見本を見せてくれる人こそが、
あなたにとって必要なマスター(師)となる人物なのかも、といえるのではないでしょうか。

言葉だけでなく、場合によっては『態度』『行動』であなたに手本を示してくれる人こそが
マスターだと思います。

人生において、師(マスター)を持つことは、実はとんでもなく、大切なことなのです。

[br num=”2″]

アフィリエイターさまを募集している秋田でする

銀行定年退職後にミネラルウォーター等をネット通販しています。
私の通販商品(ミネラルウォーター)のくちコミをしていただけませんでしょうか。(継続報酬)

継続報酬とさせていただいております。

⇒ お手軽・簡単・即効性あり

賢者の石とは? 錬金術師が鉛を金に変えるための触媒?

私はロールプレイングゲームをすることはありませんし、そもそもが
青春時代にゲームなどはありませんでした。

社会人になる少し前に、『インベーダーゲーム』が日本中で大流行したのは覚えていますが、
自宅でやるゲームではありませんでした。

さて、その『賢者の石』というものですが・・・
錬金術師の世界では『触媒』となるものです。

[br num=”1″]

登場人物A運営 秋田秀一

では、人生における『賢者の石』とは? 何が当てはまると思いますか?。

人生哲学の中で、賢者の石と呼ばれるものは・・・『満足』だそうです。

『足るを知る者は富む』というヤツですね。

京都の竜安寺には『吾唯足知』という碑があります。
ちまたでは、『吾唯知足』といわれたりもしています。

まさに読んで字のごとし、です。
決して、今ある境遇に満足して生活しなさい、というものではありません。

今あるものに、
たとえ、わずかでも、
満足できる心が『幸せ』だ、ということです。

どんなに毎日ご馳走を食べても『満足できない人』がいます。
逆に、ご飯とお味噌汁だけでも喜べる人がいます。

決して、境遇の違いではありません。
『心』『気持ち』の問題です。

満足できない気持ち・感情・心だと・・・決して『幸せ』を感じることはできません。

これまでの人生も、境遇も、経験も・・・関係ありません。
あなたの『心』が『足る』を感じるのです。
[br num=”1″]

登場人物A運営 秋田秀一

つまり、満足感は、満足は、あなたの心が決めている、ということになります。

ささやかな人生に満足しなさい、ではありません。
幸せのために『満足』を感じてみませんか? ということです。

[br num=”2″]

スポンサードリンク