シングルマザー応援メッセージ35

メッセージ

猫

10年前に戻れたら。きっと踏み出していただろう
5年前に戻れたら。きっと違う選択をしていただろう
未来もいっしょだ。絶対、同じことをつぶやくはずだ
5年後に振り返った時のスタート時点は、まさに今日なのだ
10年後に振り返った時の転換点は、まさに今日なのだ


人はいつの世も昔を振り返るのが好きです。
好きというか、いつまでもいつまでも後悔するようなことに思考と感情を向けることで自分の人生を立ち止まらせているような気がします。

告白することを躊躇したがために、相手の女性がいなくなってしまった(転校か転勤か転居か)というCMを見たことがあります。
残念そうな(いかにも後悔しているような)少年の姿が印象的でした。

たら、れば、もし・・・思い出の美化作用でしょうか。逃がした魚は大きい的な、どんどん妄想が膨らんでしまうのです。

どんなに振り返っても、何回思い出しても、過去は帰ってきません。
年老いて間もなく人生を終えようとするお年寄りが、縁側などで日向ぼっこしながら、昔を振りかえるのであればいいかも知れません。
思い出を刻み込んでいる最中ですね。たくさんの思い出をこの世から持っていこうとしているわけでしょうから。

私たちは、今を生きています。過去にも、未来にも生きることはできません。
みんなそうなのです。

シングルマザーの人も、その子どもさんも今を生きています。今にしか生きられません。
目の前のコトに全力をあげましょう。
目の前の現実世界を懸命に生きる、ということです。

目の前の出来事は一つひとつすべてが、神さまからのプレゼントです。
(確かこのセリフは「神との対話」にあったような気がします)

後悔している暇があったら、今に帰ってきましょう。
過去のことをあれこれ悩む暇があったら、今を生きることを意識しましょう。

さあ、今から、今日から、5年後に振り返った時の「あの日、あの時」はまさに「今」という瞬間です。
「あの時、こんな決断をしたんだよなぁ」
「あの日から、人生が変わったような気がする(今思うと)」
「あの日の、あの出来事が今の自分をつくってくれた」
「あの日、あの時のおかげです」

もちろん10年後に振り返った時の、10年前のあの日、あの時が、今の自分です。今日の自分です。

シングルマザーのママは、あの日、あの時の決断が頭の中にあると思います。

笑い話的な、思い出話になる時がやってきます。
もうすでにやって来ているのかも知れませんね。

これからの未来を、将来を、子どもさんといっしょに創造するのです。今を大切に生きてみましょう。
今の一瞬一瞬を大切に。

前の自分、昨日までの自分、さっきまでの自分、に戻ったら・・・戻っていると自覚したら、再び、今という瞬間に戻って今を大切にしようと、意識してください。

今しかありません。