シングルマザーの資格取得を支援する制度

トピック

桶に入る猫
[br num=”1″]

シングルマザーになってから看護師や介護士などの資格取得をしようと考えた時に利用できる支援制度についての案内です。
基本的には各都道府県で異なっています。手厚い支援策がある自治体とそこまでない自治体など差があるのは仕方がありません。ただ、本当に利用をしたいという人たちにその情報が届いているかどうか、という点では(どこの自治体もですが)不十分なのかも知れません。知らない人たちの方が圧倒的に多いのではないでしょうか。

スポンサードサーチ

看護師や介護士を目指すというのは

シングルマザーで看護師や介護士を目指すというのは、経済的に自立したいとの思いからだと推察されます。実際、シングルマザーで看護師の方って多いと聞きます。

専門的な技能・知識を習得するために専門の学校に通う場合はそれなりの時間がかかります。もちろん通っている間は(拘束されるわけですから)簡単には働けません。
それで支援が用意されているというわけです。

看護師等の資格取得のための支援制度

母子家庭や父子家庭の自立と、子どもの成長を守るために各自治体では支援制度を用意しています。もちろん国の指針によるものですが。
(支援内容は、繰り返しますが住んでいる都道府県によって違います。ぜひ地域の市役所等に行って相談・確認されることがいちばんです。子どもの生活を守るための制度ですから、利用できる可能性があるなら利用したいものです)

自立支援給付金

いちばんめは自立支援給付金があります。ひとり親家庭自立支援給付金事業というものです。
詳しくは、自立支援教育訓練給付金にてご案内させていただきました。

通う予定の学校が制度の対象となっているかどうか、についてはこちらから検索することもできます。
これは一つの目安です。対象となる講座は、雇用保険制度の教育訓練給付の教育訓練講座やその他の講座という形で示されています。下記の検索は、その中の雇用保険制度の教育訓練給付の教育訓練講座です。

⇒ 教育訓練講座の検索

高等職業訓練促進給付金

次に、学校に行くことで働けなくなることから経済的な支援をするものに、高等職業訓練促進給付金というのがあります。
自治体ごとに支給の対象や条件などが決まっていますが、私の住んでいる宮崎県のケースを紹介したいと思います。
(宮崎市の場合です)

[概要]

ひとり親家庭のお母さんまたはお父さんが看護師や介護福祉士などの資格取得のため、2年以上指定された養成機関で修業する場合に次の手当が支給されます。
●高等職業訓練促進給付金(修業期間中の生活費の負担軽減のため)
●修了支援給付金(入学時の負担軽減のため)
[支給内容]

対象となる方の状況により、支給額は異なります。

<高等技能訓練促進費>(支給期間 上限2年)
月額10万円 (市町村民税非課税世帯)
月額 7万5000円(市町村民税課税世帯)

<入学支援修了一時金>
5万円(市町村民税非課税世帯)
2万5000円(市町村民税課税世帯)
[対象者]

宮崎市にお住まいのひとり親家庭のお母さんまたはお父さんで、以下の要件の全てを満たす方
●児童扶養手当受給者または児童扶養手当を受給できる所得水準であること
●養成機関において2年以上のカリキュラムを修業し、対象資格の習得が見込まれること
●就業または育児と修業の両立が困難であると認められること
●市税に滞納のない方
●過去にこの訓練促進費または一時金を受給していないこと
※ハローワークなどの訓練手当を受けたことがある場合は要相談

それぞれの地方自治体によって金額の多少の違いはあるかと思われます。事前に、直接相談された方がいいと思います。

金融機関等の教育ローンなど

あとは、銀行など金融機関の教育ローン等利用することもできます。
もちろん取り扱っている金融機関ごとに要件が異なっていますので確認されてください。

私で答えられる質問等でしたら、どうぞお問い合わせください。可能な限りお応えさせていただきます。

※一般的には、資格取得のために通うどこの学校も『日本学生支援機構(JASSO)・奨学金制度』などを案内しています。要件次第ですが利用することもできます。