お子さま一人の教育資金は
【1,000万円~】自分の老後資金は?

シングルマザー

お子さまがいらっしゃるシングルマザーさんは毎日毎日の子育てで精いっぱいかも知れません。お子さまの体調管理や毎日の出来事などの会話に追われて将来のことをじっくりと考える時間が持てていないかも知れません。

ただ、漫然と教育資金はどのくらい必要なんだろうか、卒業後は自分の将来設計を考えないといけないけど、老後資金はどのくらい必要なものだろうか、それと年金でいくらもらえるものだろうか? という心配があるかと思います。

今回はズバリ、教育資金や老後資金についての疑問点にお答えします。
次の3つのテーマについて解説します。

  • お子さま一人につき教育資金は約1,000万円必要
  • 幼稚園や大学が私立となると・・・1.5倍~2倍に
  • 老後資金は3,000万円でも足りない?

銀行を定年退職後にネットビジネス(シリカ水という天然水の通販)で起業した秋田です。
私の通販のお手伝い(商品の口コミ)をしてくださる方を募集いたしております。

スポンサードサーチ

教育資金はお子さま一人につき約1,000万円!

文部科学省がHPに記載していた事例があります。(少し情報は古いです。平成24年度資料)

幼稚園~高校まで公立。大学が国立の場合 幼稚園 約67万円
小学校 約185万円
中学校 約144万円
高校  約156万円
大学  約436万円・・・合計約987万円・・・約1,000万円
(自宅通いと一人住まいとの平均)
※大学が親元離れての一人住まいとなると・・・約1,084万円
もし幼稚園と大学が私立になると・・・ 約1,164万円(大学が自宅から)~約1,437万円(大学が一人住まい)

お子さま二人だと単純に2倍です。約2,000万円超です。

【結論】
・一人につき約1,000万円が必要。
・計画的な貯蓄が必要となってきます。
・これに高額の塾や公立のかわりに私立に通うともっと多額となります。

老後資金は? 単純計算すると・・・

人生90年イメージ画像

夫婦二人で毎月25万円。家賃や持ち家、ローンあり・ローンなしでも変わってきますが・・・
人生100年と言われますが90歳で計算してみましょう。(65歳までは働いて稼ぐという前提です)

65歳から90歳まで25年間です。
毎月、25万円×12ヶ月×25年間=7,500万円
毎月、20万円×12ヶ月×25年間=6,000万円

では85歳で計算すると・・・
毎月、25万円×12ヶ月×20年間=6,000万円
毎月、20万円×12ヶ月×20年間=4,800万円
毎月、15万円×12ヶ月×20年間=3,600万円

ではシングルマザーの方がそのままお一人で老後を生活となったら単純には上記金額の半分となります。
単純に半分というのは(現実問題としては)なかなか大変だと思われます。

この必要資金に対してもらえる年金はどんな感じだと思いますか。

平均月収40万円の人が約40年間、年金をかけ続けた場合はいくらもらえるの?

これからの年金の運用実績や年金制度が期待する国民の数などの前提条件によっていくらでも変わる可能性があることだけはご了承ください。

今現在35歳の人が65歳になった時・・・ 夫婦でもらえる年金は約15万円。(単身だと約11万円)
今現在25歳の人が65歳になった時・・・ 夫婦でもらえる年金は約14万円。(単身だと約10万円)

人生を楽観的に生きる人と悲観的に生きる人とでは感じ方がまったく違ってきます。
あなたはどう感じますか?(どちらのタイプでしょうか)

まとめ

未来の創造イメージ画像

実は、悲観的に生きようが、楽観的に生きようが・・・必要となるお金がいらなくなるわけではありません。生きていくために、生活し続けるためには、お金は必要です。

貯めるにしても、投資用の資金の準備に充てようとしても、毎月の生活費として消費するにして・・・お金は必要ですね。

【結論】
・貴重な時間とエネルギーを費やすのであれば、同じ金額を稼ぐのに『どんどん時間が少なくて済む』『ほったらかしになってくる』副業も選択肢に入れていいのではないか。
・不労所得、不動産収入のような『仕組み』をつくれたら将来が楽しみ。
・人生においての時間は貴重なもの。夢をかなえる方向に副業が使えたらまさに人生創造。

【追伸】
私のミネラルウォーターのネット通販ビジネスのお手伝いでも稼げます。お手伝いしてくださる方を募集いたしております。
宮崎の人口約4万人の小さな町でも会社の若い事務員さん(OLの方)が約3ヶ月で毎月7、8万円がほったらかしで入るようになったケースもあります。

ここまでありがとうございました。

スポンサードリンク