頭の使いみち、意識の使いみち
【夢実現へのメッセージ】

夢実現のヒント


心配ごとから目を背けてみませんか?

心配する、ということはエネルギーを注ぐということ。相手にする、ということ。構ってあげる、ということ。

どんどん相手が『元気になる』ということ。

心配ごとを『紙に書いてみて、丸めて、ポイッとゴミ箱行きにしませんか』
元銀行員の秋田です。定年退職後に起業しました。夢実現の応援が大好き人間です。
⇒ 割引券を配るだけでお小遣い稼ぎができる副業を提案しています

4月30日に読んで欲しいメッセージです。

スポンサードサーチ

頭の使いみち、意識の使いみち・・・

実際に『ポイッと』してみることをお薦めします。

頭の使いみち、意識の使いみち
同じ使うのであれば、前向きに使うのだ
心配ごとを『くずかご』に投げ込んだ自分のことを考える
できなければ、実際に紙に書いて丸めて投げ込んでみる
希望を持てる、自分を信じることができる、信念を持てるから

【出典:秋田秀一】

学生時代に、特に『恋』をしている時に経験があったと思いますが・・・寝ても覚めても『あの人のことばかり』というのがあったと思います。

本人の意識の中では24時間365日という世界です。

世の中で成功する人や夢を実現していく人、日常がまさに『そのずっと思い続ける』という世界にいるはずです。思うことの対象が恋の相手ではなくて、夢実現をしている時の、瞬間の『自分』というだけです。

まさに『(成功や夢実現)している自分を思い続ける』という世界にいるということです。

悩みや心配ごとに、それくらいの意識を向けるくらいなら、別のものに意識とエネルギーを向けましょう。その方がずっといいですよ。

まとめ

心配ごとや悩みは誰しもあります。本人にとっては(その時々の)最優先課題かも知れません。

これまで同じ悩みで3年も、5年も、10年も悩んできたことがありますか。おそらくない=ゼロ、だと思います。

過ぎてしまえば・・・なのです。

自分を信じてくれるのは、他人以上にあなた自身しかいませんよ。夢を思い出してみましょうよ。

 

ここまでありがとうございました。

スポンサードリンク